国際シンポジウム

国際シンポジウム開催のお知らせ

NAIST グローバルCOE国際シンポジウム開催のお知らせ
NAIST Global COE International Symposium 2009 Environmental Adaptation

グローバルCOE国際シンポジウム ポスター画像

奈良先端科学技術大学院大学グローバルCOEプログラム フロンティア生命科学グローバルプログラム - 生物の環境適応と生存の戦略 -の第4回目の国際シンポジウムとして、「Environmental Adaptation」と題したシンポジウムを11月12-13日に開催します。 皆さんの参加をお待ちしています。


開催要項

開催日 平成21年11月12日(木)、13日(金)
世話人 奈良先端科学技術大学院大学
高木博史、河野憲二
主催 NAIST グローバルCOEプログラム
テーマ 生物に学ぶ「環境応答・適応の分子戦略」の多様性
(Environmental Adaptation)
概要 動植物や微生物の細胞が様々な環境に適応し、生存するための分子戦略について、最新かつ最先端の研究成果を紹介し、各生物間の共通性や独自性(相違点)に対する理解を深めるとともに、食糧や環境などへの貢献についても議論します。
会場 奈良先端科学技術大学院大学
ミレニアムホール
奈良県生駒市高山町8916-5
本学ホームページ http://www.naist.jp/
アクセス方法 本学へのアクセスマップ
学内キャンパスマップ
( 上記マップは 本学HP 内コンテンツ )
言語 当シンポジウムの使用言語は英語です。
同時通訳はございませんのでご了承ください。
講演者(発表順) Masayori Inouye (Robert Wood Johnson Medical School, NJ, USA)
高谷 直樹(筑波大学大学院 生命環境科学研究科)
高木 博史(奈良先端科学技術大学院大学)
Valter D. Longo (Univ. of Southern California, CA, USA)
Dennis J. Thiele (Duke Univ. Medical Center, Durham, NC, USA)
一條 秀憲(東京大学大学院 薬学系研究科)
小林 聡(同志社大学 生命科学部)
河野 憲二(奈良先端科学技術大学院大学)
芦苅 基行(名古屋大学・生物機能開発利用研究センター)
小川 健一(岡山県生物科学総合研究所)
皆川 純(北海道大学 低温科学研究所)
島本 功(奈良先端科学技術大学院大学)
跡見 晴幸(京都大学大学院 工学研究科)
栗原 達夫(京都大学化学研究所)
布柴 達男(国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科)
Robert P Fuchs (Institut de Biologie Structurale et Microbiologie)
プログラム プログラムPDF版(ファイルサイズ344KB)
問い合わせ先 〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916−5
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科COEオフィス
E-mail: bs-coe@bs.naist.jp

開催プログラム

Nov. 12, 2009
13:00 – 13:10 Opening Remarks
Ko Shimamoto NAIST, Global COE Program Leader
Session 1 (Microbial cells)
Chairperson: Hiroshi Takagi & Yukio Kimata
13:10 – 13:40 Masayori Inouye Robert Wood Johnson Medical School, U.S.A.
Bacterial toxin-antitoxin systems
13:40 – 14:10 Naoki Takaya University of Tsukuba, Ibaraki
Hypoxia response by the filamentous fungus Aspergillus nidulans
14:10 – 14:40 Hiroshi Takagi NAIST, Nara
A novel antioxidative mechanism mediated by the yeast N-acetyltransferase Mpr1: Induction of arginine-dependent nitric oxide synthesis under oxidative stress conditions
14:40 – 15:10 Valter D. Longo University of Southern California, U.S.A.
Regulation of metabolic pathways, superoxide generation, stress resistance, and DNA damage in aging S. cerevisiae
15:10 – 15:40 Coffee Break
Session 2 (Mammalian cells)
Chairperson: Kenji Kohno & Hidenori Ichijo
15:40 – 16:10 Dennis J. Thiele Duke University Medical School, U.S.A.
Modulating proteotoxic stress responses for neurodegenerative disease therapy
16:10 – 16:40 Hidenori Ichijo The University of Tokyo, Tokyo
ASK-dependent stress signaling in cell death, inflammation and disease
16:40 – 17:10 Akira Kobayashi Doshisha University, Kyoto
Oxidative stress response by the Keap1-Nrf2 system
17:10 – 17:40 Kenji Kohno NAIST, Nara
ER stress sensor IRE1 is a key molecule for ER quality control
18:00 – 20:00 Mixer
Nov. 13, 2009
Session 3 (Plant cells)
Chairperson: Ko Shimamoto & Motoyuki Ashikari
10:00 – 10:30 Motoyuki Ashikari Nagoya University, Aichi
How did rice adapt to deepwater ?
10:30– 11:00 Ken'ichi Ogawa Research Institute for Biological Science, Okayama
The master tripeptide glutathione: beyond a simple antioxidant
11:00 –11:30 Jun Minagawa Hokkaido University, Hokkaido
What is occurring during photosynthetic state transitions ?
-Remodeling of pigment-protein supercomplexes for photosynthesis-
11:30– 12:00 Ko Shimamoto NAIST, Nara
Plant innate immunity
12:00 - 13:00 Lunch
Poster Session
13:00 – 14:30 Poster Session
Session 4 (Microbial cells)
Chairperson: Hiroshi Takagi & Hisaji Maki
14:30 – 15:00 Haruyuki Atomi Kyoto University, Kyoto
Transcription regulators in hyperthermophilic Archaea
15:00 – 15:30 Tatsuo Kurihara Kyoto University, Kyoto
Phospholipids involved in cold adaptation of an Antarctic psychrotrophic bacterium, Shewanella livingstonensis Ac10
15:30 – 16:00 Tatsuo Nunoshiba International Christian University, Tokyo
Genetic instability inducers in Saccharomyces cerevisiae: Mutation in sanitizing enzyme for nucleotide lesions, and non-mutagenic carcinogens
16:00 – 16:30 Robert P. Fuchs Institut de Biologie Structurale et Microbiologie, France
An integrated view of Induced-Mutagenesis in E. coli
16:30 – 16:40 Closing Remarks
Robert P. Fuchs Institut de Biologie Structurale et Microbiologie, France

国際シンポジウム - トップページ