国際シンポジウム

国際シンポジウム開催のお知らせ

NAIST グローバルCOE国際シンポジウム開催のお知らせ
NAIST Global COE International Symposium 2008 Cell Signaling

グローバルCOE国際シンポジウム ポスター画像

奈良先端科学技術大学院大学グローバルCOEプログラム フロンティア生命科学グローバルプログラム - 生物の環境適応と生存の戦略 -の第3回目の国際シンポジウムとして、「Cell Signaling」と題したシンポジウムを11月13-14日に開催します。 皆さんの参加をお待ちしています。


開催要項

開催日 平成20年11月13日(木)、14日(金)
世話人 奈良先端科学技術大学院大学
別所康全、高山誠司
主催 NAIST グローバルCOEプログラム
会場 奈良先端科学技術大学院大学
ミレニアムホール
奈良県生駒市高山町8916-5
本学ホームページ http://www.naist.jp/
アクセス方法 本学へのアクセスマップ
学内キャンパスマップ
( 上記マップは 本学HP 内コンテンツ )
言語 当シンポジウムの使用言語は英語です。
同時通訳はございませんのでご了承ください。
プログラム プログラムPDF版(ファイルサイズ375KB)
参加費 当シンポジウムへの参加は無料です。
※懇親会への参加費は4,000円です。事前申込みの上、当日受付にてお支払いください。
懇親会参加申込み レセプション参加ご希望の方は、
以下の記入事項をメールで bs-coe@bs.naist.jp までご送信ください。 懇親会参加申込みの締めきりは11月5日(水)とさせていただきます。
※ この参加申込により得られた個人情報は、レセプション会費徴収のために使用します。それ以外に使用することはありません。
懇親会参加申込み
記入事項
1. お名前(日本語と英語)
2. ご所属(大学、研究機関名、企業名など)および役職や学年など
3. ご連絡先メールアドレス
問い合わせ先 〒630-0192
奈良県生駒市高山町8916−5
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科COEオフィス
E-mail: bs-coe@bs.naist.jp

開催プログラム

Nov. 13, 2008
13:00 – 13:10 Opening Remarks
Ko Shimamoto NAIST, Global COE Program Leader
Session 1
Chairperson: Yasumasa Bessho & Carol A. Erickson
13:10 – 13:40 Carol A. Erickson University of California - Davis, USA
Pathfinding by the neural crest: the smart cell scenario.
13:40 – 14:10 Kazuo Emoto National Inst. Genetics, Mishima
The cellular and molecular basis for dendritic patterning and plasticity
14:10 – 14:30 Break
14:30 – 15:00 Mutsuhito Ohno Kyoto University, Kyoto
Regulations of nucleo-cytoplasmic RNA distribution
15:00 – 15:30 Mikio Furuse Kobe University, Kobe
Remodeling of claudin-based tight junctions
15:30 – 16:00 Brian J. Mitchell Northwestern University, USA
The PCP pathway instructs the planar orientation of ciliated cells in the Xenopus larval skin.
Poster Session
16:00 – 17:00 (Odd numbers)
17:00 – 18:00 (Even numbers)
18:20 – Mixer
Nov. 14, 2008
Session 2
Chairperson: Maurine E. Linder & Hiroshi Itoh
10:00 – 10:30 Hiroshi Itoh NAIST, Nara
G protein signaling and its regulatory molecules
10:30– 11:00 Maurine E. Linder Washington University, USA
Mechanism and Functional Consequences of Protein Palmitoylation
11:00 –11:30 Masayuki Miura University of Tokyo, Tokyo
Dynamics of cell death signaling regulates animal development
11:30– 12:00 Shigekazu Nagata Kyoto University, Kyoto
Apoptosis and engulfment of dead cells
12:00 - 13:30 Lunch
Session 3
Chairperson: Seiji Takayama & Vernonica E. Franklin-Tong
13:30 – 14:00 Vernonica E. Franklin-Tong University of Birmingham, UK
Self-incompatibility in Papaver: signaling to programmed cell death in incompatible pollen and identification of the pollen S-determinant
14:00 – 14:30 Seiji Takayama NAIST, Nara
Self-incompatibility signaling in Brassica
14:30 – 15:00 Tetsuya Higashiyama Nagoya University, Nagoya
Pollen Tube Attractants Secreted from the Synergid Cell
15:00 – 15:30 Yasushi Ishihama Keio University, Yamagata
Global Protein Phosphorylation Profiling by High Performance Phosphoproteomics Approaches
15:30 – Concluding Remarks
Carol A. Erickson University of California - Davis, USA

国際シンポジウム - トップページ